« September 2004 | Main | June 2007 »

October 22, 2005

電車の使い捨て

日本からも都営地下鉄の車両が無償で送られ、冷房付快速電車として活躍していますが、故障して使えない車がどんどん増えています。日本から維持管理の専門家もあわせて派遣されていますが、なかなか技術が定着しないようです。
実はここには別の問題もあります。中古車両を送った場合、交換のための部品が既に製造されていない場合もあり、故障した際に修理ができないケースもあります。日本からの援助の際には「ただであげるからいいだろう」だけでなく、あわせて長く使うノウハウも提供することが必要でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2005

ブルーのタクシーの安全性(ジャカルタ)

今朝のNHKニュースでジャカルターの車体がブルーのタクシーの安全性
が低下してきたとの話題が放送されました。ジャカルタでは様々なタクシー
が走っていますが、車体がブルーに塗られた「ブルーバード」というタクシー
が安全で車体の状態も比較的良く、人気がありました(少しランクが上の
シルバーバードもありますが、一般的にはブルーバードがよく利用されます)
しかしながら、その人気にあやかろうと、車体をブルーに塗った紛らわしい
タクシーが増えてきて、様々な事件を起こしているようです。
流しのタクシーでは、どの会社か判別することは困難でしょうから、やはり
一流のホテルやショッピングセンターでタクシーに乗ることが安全です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2005

パキスタン向け救援物資

「インドネシアの気になるニュース」によると、インドネシア政府はパキスタンへ12トンの食糧・医薬品・毛布を送ったとのこと。津波の際には色々な国から支援を受けたこともあり、今度は逆に力を入れて支援してあげて欲しいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2005

バスウエイ第二路線工事進む

バスウエイの第二・第三路線の工事が進んでいるようです。現地からの情報(7月下旬頃)によると、新路線を年内に開通させるため、道路拡幅のための土地の収用を近くやるとのこと。また、第二路線(プロガドゥン~ハルモニ)と第三路線(カリデレス~ハルモニ)で韓国製の天然ガスバスが走るらしいです。第一路線では、ベンツと日野自動車でしたが、価格等で激しい戦いがあったのでしょうか。R0010466

| | Comments (0) | TrackBack (1)

カンチル登場

バジャイに変わる乗り物として、昨年11月頃からカンチルが登場。現地の方によると、ブロックMプラザからパサラヤまで乗って、7000Rp。バジャイよりは乗り心地はよく、ゆったりしているとのこと。出張、旅行の際には試してみては?R0010465

| | Comments (0) | TrackBack (1)

総領事館からのお知らせ

爆弾テロのような事件の際には総領事館から安全情報が出ます。旅行などの際にはそちらを御覧になっておく方がよいでしょう。また、現在ラマダン(断食)の時期で、アルコール飲料を出すような欧米や日本のレストランは、宗教団体などに摘発される可能性があります。そのような注意も出ていますので、参考にしてください。
http://www.id.emb-japan.go.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

パキスタンの地震

パキスタンの地震でJICAの専門家とお子さんがお亡くなりになりました。2002年から2004年にかけて国は違いますが専門家を経験したので、他人事とは思えません。私の派遣されていた国ではほとんど地震がないことから、建築物の耐震設計の基準がしっかりしていませんでした。パキスタンでも同様だったのか、あるいは、このアパートに欠陥があったのか。海外で住むということのリスクを再び感じさせた災害でした。行方不明の方が一刻も早く発見され、少しでも死傷者の数が少なくなるよう、祈っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バリ島の爆弾テロ

バリ島で爆弾テロがまた起こってしまいました。3年前にバリ島で、2年前と1年前にジャカルタで、と毎年のように繰り返される惨事。せっかく観光客が戻ってきたであろうに残念です。事件の背景等はまだ正確には不明ですが、バリ島が他の地域と違いヒンズー教であること、また、欧米人が集まる場所であることも狙われる一因かも知れません。時期については、ニューヨークでのテロが9月だったことで、この時期が狙われたことと、10月上旬から断食月開始ということで、宗教意識が高まっていたこともあるかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | June 2007 »