August 16, 2007

EU、インドネシア機お断り

事故が相次ぐインドネシアの航空機の安全性が問題視されている中で、EUは7月からインドネシアの全航空会社の域内運行禁止という措置に踏み切ったとの記事を見ました(8月15日朝日朝刊)
確かに平成7年になってから1月アダムエア、2月アダムエア、3月ガルーダと、事故が立て続けに起こっています。
国営のガルーダまでと驚かされますが、一連の事故の中にガルーダも含まれているのでEUとしては除けないというところでしょうか。
インドネシアでは航空自由化以降、格安航空会社の参入が急速に進んでおり、確かに安全面での懸念はあります。
「規制当局に安全性の向上策をとるよう促す目的もある」(EUのバロー副委員長(運輸担当))とのことでもあり、インドネシア政府には、至急安全対策の確立を求めたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

電車の使い捨て

日本からも都営地下鉄の車両が無償で送られ、冷房付快速電車として活躍していますが、故障して使えない車がどんどん増えています。日本から維持管理の専門家もあわせて派遣されていますが、なかなか技術が定着しないようです。
実はここには別の問題もあります。中古車両を送った場合、交換のための部品が既に製造されていない場合もあり、故障した際に修理ができないケースもあります。日本からの援助の際には「ただであげるからいいだろう」だけでなく、あわせて長く使うノウハウも提供することが必要でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2005

ブルーのタクシーの安全性(ジャカルタ)

今朝のNHKニュースでジャカルターの車体がブルーのタクシーの安全性
が低下してきたとの話題が放送されました。ジャカルタでは様々なタクシー
が走っていますが、車体がブルーに塗られた「ブルーバード」というタクシー
が安全で車体の状態も比較的良く、人気がありました(少しランクが上の
シルバーバードもありますが、一般的にはブルーバードがよく利用されます)
しかしながら、その人気にあやかろうと、車体をブルーに塗った紛らわしい
タクシーが増えてきて、様々な事件を起こしているようです。
流しのタクシーでは、どの会社か判別することは困難でしょうから、やはり
一流のホテルやショッピングセンターでタクシーに乗ることが安全です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2005

バスウエイ第二路線工事進む

バスウエイの第二・第三路線の工事が進んでいるようです。現地からの情報(7月下旬頃)によると、新路線を年内に開通させるため、道路拡幅のための土地の収用を近くやるとのこと。また、第二路線(プロガドゥン~ハルモニ)と第三路線(カリデレス~ハルモニ)で韓国製の天然ガスバスが走るらしいです。第一路線では、ベンツと日野自動車でしたが、価格等で激しい戦いがあったのでしょうか。R0010466

| | Comments (0) | TrackBack (1)

カンチル登場

バジャイに変わる乗り物として、昨年11月頃からカンチルが登場。現地の方によると、ブロックMプラザからパサラヤまで乗って、7000Rp。バジャイよりは乗り心地はよく、ゆったりしているとのこと。出張、旅行の際には試してみては?R0010465

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 21, 2004

増え続けるオートバイ

インドネシア二輪車製造業者協会の発表によると、2004年1月~7月の二輪車販売台数は前年同期比比42.2%増の約216万台で200万台を突破。関連情報は、Indonesia (インドネシア) る・る・ぶの「バスウエイと3in1」から自動車の話題のコーナーへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2004

タンゲラン市にモノレール計画

ジャカルタの西隣のタンゲラン市と同県がモノレールの建設を前向きに検討していることが判明。
Indonesia (インドネシア) る・る・ぶの「バスレーンと3in1」から「ジャカルタのモノレール計画」へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2004

ジャカルタのモノレール計画

Indonesiaるるぶ、更新しました。ジャカルタ州でのモノレールの計画のページを追加しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)